快適空間研究所 Institute for Amenity Space
NEWS & COLUMN
TOPWORKSCOMPANY PROFILENEWS & COLUMNLINKCONTACT

思うままに…
by kaitekikukannb
カテゴリ
全体
NO生の小考
写真
写真_花
以前の記事
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2010年 01月
2009年 10月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
民主党代表選と新首相
 辞めないとおもっていた管首相は遂に退任を表明し、民主党は代表選を行い新しい首相を選任することとなった。振り返ると管首相には参議院議員選挙の敗北を別として決定的な失政があったとは思えない。しかし、一年余で命脈尽きたのは結局閉塞した政治、経済、社会を打破し国民に希望を与えられなかったからではないか。管氏にとって大震災は起死回生のチャンスであったと思う。しかし、その解決に失敗し国民、野党のみならず与党内で支持を失っては退陣も止むをえない。                     
 さて、日本は大震災、放射能汚染という新しい重い課題を背負うこととなったが、以前からかかえていた課題は何一つ解決されていない。雇用、社会保障、人口減少、格差社会といった問題とともに経済構造、巨大財政赤字、激動する世界特に相対的に地盤沈下しつつあるアメリカとの関係を含めた歴史的観点に立った外交と、そしてまたエネルギー、食糧といった国民の将来のかかった課題と新首相のかかえる責務は極めて大きい。
 言論界は我が国政治が劣化し政治家の質が落ちたと言ってきた。しかし、私は政治家のみが特に劣化したとは思っていない。経済界、官界、学会すべてが劣化している。特に言論界の劣化は甚だしい。この淵源は教育にある。しかし、今これを言っても仕方がない。誰が首相になっても与野党をとわずこれら課題を担いうる人物はみあたらない。しかし、誰かがやらなければならない。リーダーの条件はどこでも一緒であるが、信念と洞察力、判断力と決断力そしてカリスマ性だと思っている。民主党のなかでこの条件を不満足ながら満たしているのは小沢氏、前原氏、仙石氏そして玄葉氏、細野氏だと思う。若手で他にいるかもしれないが。リーダーとして十分ではないが誰かを中心にして党員全員一致協力して事に当たってもらいたい。管氏の失敗の一つは政策を実行するにあたって協力してもらうべき民主党の国会議員の中に敵を作りそれをバネにして政治を進めようとした手法にある。小泉元首相の手法を状況が異なるのにサル真似した拙劣さにある。民主党は挙党一致死に物狂いで結党の精神、そして政権奪取した時のエネルギーの発揮に努力してもらわなければならない。決して自民党が点数をあげたのではない、民主党がコケタのだ。自民党にも人材は乏しく反省も少ない。国民に見放された政党という自覚もない。総選挙まで二年ある。大震災で解散は難しい。起死回生のチャンスはある。報道によると(間抜けた報道だが)前原氏は今回の出馬を見送り来年九月の代表選に出ると言うが、この選択は野党の党首になることと知らねばならぬ。民主党が政権維持に失敗すれば、我が国の未来はない。古いシガラミから逃れられないからだ。政界再編があれば別であるが。
[PR]
by kaitekikukannb | 2011-08-22 15:10 | NO生の小考
<< 野田新政権に期待する 円高と投機経済 >>
Copyright © 2007 Institute for Amenity Space. All Rights Reserved.
TEL:052-262-0161/FAX:052-262-0160
〒460-0011
名古屋市中区大須四丁目13-46 ウィストリアビル2F